• ホーム > 
  • モリカゲ歯科医院のインプラント

モリカゲ歯科医院が採用するインプラントの特長

モリカゲ歯科医院が採用するインプラントの特長

インプラント治療の普及にともない、今日では国内外のインプラントメーカーがさまざまな特長を持つインプラントを開発しています。インプラントはどれも同じ、というわけではなく、患者様一人ひとりの症例やお口の状況に合わせて適切なものを選ばなければなりません。こちらのページでは、現在主流となっているインプラントメーカー特長をご紹介します。

「インプラント情報WEB」を監修するさいたま市南区南浦和のモリカゲ歯科医院では、患者様のニーズに細やかに対応するため、こちらでご紹介するインプラントメーカーの製品すべてを取り扱っています。また、国内に流通するすべてのサイズのインプラント体をご用意できますので、自分に合ったインプラントを選びたいという方は当院へご相談ください。

ノーベルバイオケア(旧名称:ブローネマルク)

ノーベルアクティブ(ノーベルバイオケア)

ノーベルバイオケア社は世界有数のインプラントメーカーで、歯科インプラントシステムのパイオニア的存在です。もとはインプラントが誕生した歯科先進国スウェーデンの企業ですが、現在はスイスに拠点を置いています。

インプラント治療の生みの親であるブローネマルク博士が、1965年にチタンが骨と結合する特性を発見した後、世界で初めて製品として展開したのがノーベルバイオケア社です。その後、業界を牽引するように新しいインプラント製品を数々生み出していますが、現在も古い製品にも適応可能なパーツを世界70地域に供給しており、サポート体制が充実しています。

ノーベルアクティブの特長

ノーベルアクティブの特長

ノーベルアクティブは、ノーベルバイオケア社のインプラントラインナップのひとつ。自然な審美性を実現するプラットフォーム(※)シフティング(プラットフォームスイッチング)であり、クローズドタイプであることが特長です。人工歯根は骨を圧縮するデザインになっており、柔らかい骨質でも初期固定がしやすくなっています。見た目の美しさが求められる前歯にも有効。ノーベルアクティブシリーズの中にも多種多様な製品があり、患者様に最適なものをお選びいただけます。

※人工歯根と連結部のつなぎ目

アンキロスインプラントシステム(デンツプライ)

アンキロスインプラントシステム(デンツプライ)

アメリカのデンツプライ社は、25年以上にわたって世界で評価され続けているインプラントメーカーです。世界最大級の歯科治療材料会社として、インプラント体だけでなく審美性が求められる上部構造までトータルでサポートできる体制が強みです。

アンキロスインプラントシステムの特徴

アンキロスインプラントシステムの特徴

アンキロスインプラントシステムの特徴は、連結部(アバットメント)にあります。一般的に連結部にはインプラント同様にチタンが用いられますが、アンキロスシステムではオールセラミックの一種であるジルコニアを採用。生体親和性が高いジルコニアでは接触する歯肉に炎症が起きにくく、メタルフリー素材なので金属アレルギーのリスクもありません。チタンのように歯ぐきが黒っぽく見えるということもないため、審美性にも優れています。

ストローマンインプラント(ITI)

ストローマンインプラント(ストローマン)

ストローマン社は、世界でトップクラスのシェアを誇るインプラントメーカーです。精密機械産業が盛んなスイス北部のバーゼルに本社を置き、世界70ヶ国以上でインプラント製品を展開しています。ストローマン社は科学的エビデンス(根拠)に重きを置き、50年以上にわたる研究開発と充実した検査体制をベースに学術的裏付けを積み重ねています。

ストローマンインプラントの特長

ストローマンインプラントの特長

ストローマンインプラントは二次手術が不要で、他のシステムに比べて治癒期間(6週間程度)が早いのがメリットです。ストローマン社が提供する専門トレーニングを受けた認定医しか取り扱いができないので、製品理解のある歯科医師の適切な処置を受けられます。世界的に普及しているインプラントなので転居などがあっても安心して任せられる歯科医院を探しやすいという点も特長です。

3iインプラントシステム(インプラント・イノベイションズ)

3iインプラントシステム(インプラント・イノベイションズ)

インプラント治療が普及しているアメリカでシェアナンバー1の販売実績(2004年度)を誇るのが、インプラント・イノベイションズ社です。世界37ヶ国以上で、のべ1,000名を超えるチームメンバーが革新的なインプラントの開発およびきめ細やかなカスタマーサービスに力を入れています。

3iインプラントシステムの特徴

3iインプラントシステムの特徴

このインプラントシステムの特筆すべき点が、「オッセオタイト」と呼ばれる特許取得も果たした人工歯根の表面性状です。表面にある微小な突起物の間に血液を凝固させる役割を持つ繊維状のたんぱく質が集まり、それによってインプラントと顎の骨の結合が強まるため、感染リスクが抑えられます。

当院では「プラットフォームスイッチング(クローズドタイプ)」を推奨しています

当院では「プラットフォームスイッチング」を推奨しています

プラットフォームスイッチングとは、インプラント体のトップ(プラットフォーム)よりも直径が小さいアバットメントを使用し、インプラントネック部分の周囲で起こる「骨の吸収」を防ぐ技術のことです。骨の吸収が起こるとそれにともなってインプラント周囲の骨が下がり、歯肉が退縮する可能性があります。そうならないように、当院ではプラットフォームスイッチングの技術を活かしインプラントシステムを採用しています「クローズドタイプ」を採用することでインプラントの周囲の骨吸収(ソーサライゼーション)をより抑えることができます。。

このプラットフォームスイッチングは、間違って異なるサイズのアバットメントを取り付けてしまったことから偶然発見された仕組みといわれています。正しいサイズのアバットメントを取り付けたインプラントでは周囲の骨が痩せる(吸収される)ことが避けられませんが、やや小さいアバットメントを取り付けた顎の骨は吸収されずにもとの状態を維持することが分かりました。これは、プラットフォームがくびれていることから咬んだときの振動が緩和され、骨に直接振動が伝わらないために吸収が起こりにくくなっているからだと考えられています。また、プラットフォームシフティングのインプラントでも「オープンタイプ」と「クローズドタイプ」が存在し、インプラントの形態によってその症例別に最も適したものを提供しています。

気になっているインプラントメーカーがある場合はお気軽にお問い合わせください診療予約はこちらから