• ホーム > 
  • 安心・安全なインプラント治療を行うために

こだわりすぎるほどの衛生管理が、安心の環境をつくります

こだわりすぎるほどの衛生管理が、安心の環境をつくります

インプラント治療では、歯肉の切開や顎の骨への埋入処置などの外科手術を行います。治療時には出血が少なからずありますので、院内感染対策が十分に施された医療機関で受けることが非常に重要です。「安心・安全のインプラント治療」を受けられるかどうかは、歯科医院の衛生管理にかかっているといえます。

当サイト「インプラント情報WEB」を監修しているさいたま市南区南浦和のモリカゲ歯科医院では、徹底した衛生管理のもとでインプラント治療を行っています。こちらでは、そんな当院の院内環境づくりについてご紹介します。

清潔であるということは……

清潔であるということは……

院内を清潔(衛生的)に保つことは、医療機関の大前提です。しかし、ただ掃除をすればいいというわけではありません。重要なのは、「患者様がどうしたら安心して治療を受けられるのか」を考えること。当院では、治療時の飛散物・空気中の浮遊物にも気を配り、治療器具からの院内感染リスクに細心の注意を払いながら、最大限の衛生管理を行っています。

滅菌について

医療現場の衛生管理において欠かせないのが滅菌対策。だ液や血液、歯の削りカスなどが付着したまま残ってしまうと、治療器具を介してB型肝炎やC型肝炎、HIVなどの感染症を引き起こす恐れがあるため、治療の都度徹底的に除去しなければなりません。当院では安心して診療に望んでいただけるよう、厳格な滅菌作業を行っています。

滅菌の流れ
STEP1洗浄・超音波洗浄
まずは、器具に付着した血液・だ液・歯の削りカスなどの汚れを洗浄します。通常の洗浄では落としきれない細部の汚れを除去するために、超音波洗浄器を使用します。
STEP2器具の分類
使用済みの診療・治療機器と超音波洗浄器で汚れを取った器具を、それぞれ種類別に分けます。形状の異なる器具が混在していると、汚れを効果的に落とせないからです。
STEP3洗浄
器具の表面から内部まで丁寧に洗い流します。感染源になりやすい血液やだ液もしっかり除去できます。この段階で、理論的には素手で触っても安全なレベルにまで洗浄しています。
STEP4専用の機材による洗浄
歯を削る器具は筒状や内部が複雑な構造をしていることが多いため、特殊な洗浄処理を行います。
STEP5滅菌パック封入
ピンセット、デンタルミラー、エキスカ(エキスカベーター)、探針(たんしん)といった器具を滅菌パックに封入します。
STEP6高圧蒸気滅菌
滅菌パックに封入した状態のまま、器具を高圧蒸気滅菌器にかけます。この段階であらゆる細菌を死滅させることができます。
STEP7保管
滅菌パックを紫外線殺菌灯下に入れたまま保管し、次の患者様の治療の前に開封します。

その他の衛生対策について

オペ室の清掃・消毒

衛生面での配慮が通常よりも重要なインプラント治療は、インプラント手術が行われる前日にはしっかり清掃・消毒し、オペ当日にも機材に使い捨てできる布を敷いたり覆ったりして万全の状態を維持します。

ディスポーザブルの採用

注射針、メスの刃、麻酔液、紙コップなど、感染源となりうるもので滅菌できないものにはすべてディスポーザブル(使い捨て)を採用しています。使用する器具や材料が非滅菌のものに触れてしまった場合はそれをすぐに破棄し、予備のものを使うなど徹底しています。

徹底的な無菌対策

徹底的な無菌対策

術者(歯科医師)と第一助手は、完全に滅菌された白衣や手袋を着用して処置にあたります。滅菌パックの外側にもわずかながら細菌やウィルスが付着している可能性があるため、術者と第一助手はこれに触らず、第二助手が最新の注意を払って開封などの補助を行います。

さいたま市で安心・安全なインプラント治療をご希望の方はご相談ください 診療予約はこちらから